• 適切な蝙蝠駆除方法とは

    自宅の屋根裏や雨戸やシャッターの収納ボックスの中などに蝙蝠が棲みついてしまうというトラブルは意外と多いものです。
    棲みつくことで一番悩まされるのがその糞の被害でしょう。

    蝙蝠の糞は細長く米粒2粒分くらいの大きさで、その糞にはたくさんの菌が含まれ、大きさが小さいので乾燥して風に飛ばされ、体内に入ってしまったらと考えるとぞっとしてしまいます。

    蝙蝠自体にもダニやノミが寄生し、多くの菌を持っているので、棲みついてすることがわかったら、すぐにでも蝙蝠駆除が必要になります。

    蝙蝠駆除の方法としては、追い出す方法と侵入を防ぐ方法がとられます。
    蝙蝠駆除として追い出すために、最も簡単に利用できるものがスプレーです。

    蝙蝠が嫌がるスプレーが販売されていて、ホームセンターや通販などで簡単に購入することができます。


    種類や購入場所によっても異なりますが、だいたいが千円前後で購入することができるでしょう。
    これを蝙蝠が侵入している場所に向かって吹きかけます。


    追い出すだけであれば、とても手軽に利用できますが、隙間にたっぷりと噴射する必要があります。


    追い出したら、今度は侵入を防ぐ必要があります。スプレーや他の方法で追い出したとしても、その後になにも対策をたてなければ再び棲みついてしまいます。



    そのため定期的にスプレーをするなどして蝙蝠を寄せ付けないようにしなくてはなりません。



    そして侵入口もしっかりと塞ぐようにしましょう。

    goo ニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

    また毎日開け閉めを繰り返すことも効果は大きいといえるでしょう。