• 蝙蝠駆除を自力で行う場合と業者に頼む場合

    蝙蝠は暖かく、雨のあたらない家屋の天井裏や倉庫に好んで棲みつきます。
    冬は冬眠するため姿を見かけませんが、春から秋は活発に活動します。

    夏は繁殖期にあたり、この時期に子を産み、同じ場所で育てます。

    ロケットニュース24情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

    そのため、気がついた時にはかなりの数の蝙蝠が屋根裏に棲みついていたということがあります。蝙蝠が棲みつくと、黒くて細長い小さな糞が家の周りにたくさん落ちるようになります。また夕方から夜にかけて活動しますので、この時間帯に出ていく姿を見かけることもあります。蝙蝠自体にノミやダニなどの寄生虫がいますし、糞の細菌による感染症も心配です。



    棲みついていると思ったら、速やかに蝙蝠駆除を行いましょう。



    自力で蝙蝠駆除を行う場合は、市販の忌避スプレーを生息している場所に繰り返しかけて追い出します。
    完全に追い出したら、再び侵入しないように穴を完全にふさぐ必要があります。しかし蝙蝠はわずか数センチでも入り込むことができ、また棲み処と定めたところには戻ってくる習性があるため、自力で完全に駆除することはなかなか容易ではありません。

    自力での駆除が難しいと思ったら、蝙蝠駆除専門の業者に駆除を依頼するといいでしょう。


    業者によって、また家屋の規模などによって料金は変わってきます。まずは複数業者から相見積もりを取りましょう。


    どういった方法で駆除するのか、何にどれだけかかるのかといったことを明確に説明してくれる業者がいいでしょう。


    数年間の保証期間を設け、その期間に蝙蝠が再侵入した場合無償で駆除してくれる業者もあります。

    見積もりの際、どこまで対応してくれるかもしっかり確認するようにしましょう。

  • よく解る情報

    • 自宅の屋根裏や雨戸やシャッターの収納ボックスの中などに蝙蝠が棲みついてしまうというトラブルは意外と多いものです。棲みつくことで一番悩まされるのがその糞の被害でしょう。...

  • これからの生活

    • 庭を荒らされたり、屋外に置いておいた生ゴミをちらかされたり、はたまた庭の植え込みに糞尿をされたりと、野良猫による被害にお困りの方も多いのではないでしょうか。特に猫の糞尿は大変臭いがきつく、とても迷惑です。...

  • 生活をよく学ぶ

    • 野良猫駆除について話します。市販の忌避剤、また木策液などで追い払うこともできます。...

  • 生活についての考察

    • 自宅に鼠による被害が出た場合には、かなり厄介なものです。ですが、どのように対処することが一番いいのかわからないという方もいるでしょう。...